東京・田園調布 お菓子教室・フランス料理教室・テーブルコーディネート教室 村松操 主宰/サロン・ド・トレミニョン テクニック・マナー・インテリジェンス

menu

もっと見る

ガレット・デ・ロワの麦模様 大使館パーティーにて

2019.12.30 Monday

伝統菓子に込められた祈り
時代が変わっても私たちの願いは一緒

2017年のフランス大使館パーティーで撮らせていただいたものです。今年はわけあって出席できず、友人からの気遣いで頂戴したフォトを眺めて、いいな・・・・と思っておりました。

豊かな実りを願う伝統的な麦模様。

単純そうな『麦の模様のガレット・デ・ロワ』も、素敵なデザインなんですよ。さすがだな~と、うっとり。

2018年の日本は、大雪、不作、食材の高騰、流通の麻痺、という、私たちの生活の根底を揺るがす自然界の波に晒されています。持病をお持ちの方や、お歳をめされた方々、妊婦さん、子供達など、この寒さがこたえるのではないかと案じてしまいます。

今日も雪がどんどん積もっています。太陽が恋しいです。庭の土は凍りつき、鉢植えのパンジーは、必死に耐えているようです。

チューリップやパンジー、ビオラは、こうした厳しい冬を越したものが、春に美しい花を咲かせるとうかがったことがあります。場所によっては、お花自体が氷ってしまったようにも見えて心配。復活するのでしょうか。

お野菜も果物も、天然のお魚たちも、この気候のために入手が困難になってきています。輸入物の果物も影響を受けているそうです。漁師さんたちは海がしければ漁に出られません。農家さんも苦労して収穫しても流通がストップすれば、その実りは・・。

願いを込めて、麦のガレット・デ・ロワ、アップします。

豊作を願い、一年の実りを願っていた古の人たちの思いが、今、伝わってくるようです。みんなが願って、日本本来の緩やかな季節の移り変わり(四季)が取り戻せるのなら、そうありたいと思うばかりです。

明日は節分です。どうか、明日を節目に、優しい日差しが戻り、みんなに安心をお授けくださいますように。

過去ブログより:
2018年2月2日記

お料理教室 お料理上達まっしぐらのお二人

2019.12.27 Friday

美味しくできました。そして、美しく可愛らしい盛り付けです。

お若いお嬢さんたちのお作りになるお料理は、愛らしいものがあって、こうしてフォトで眺めていると微笑みが生まれてきます。

最近のお料理教室では、盛り付けのイメージトレーニングをするお時間を設けています。

私からのオーダー(課題)を出します。

お料理のコンセプトを生かして欲しいからです。そうすると自然と見栄えもします。もちろんインスタ映えも。

お教室の生徒さんの傾向として、インスタ映えに夢中になる方は少なく、どちらかというと今の自分の出来栄えを記録して、あとからお家で復習するときのために、という感じて記念撮影されています。

私は、元美術史講師の腕を発揮(?)して、見栄えのするいい角度をお伝えはします。

盛り付けも一緒です。

構図法とか、その他「美」を生じさせる伝統の手法のようなものがあって、それを「基本の型」として毎回毎回ご自身の「知恵」にしていただきたいと思っています。

週末料理、休日を過ごすちょっと贅沢なお料理時間として。ご家庭で、ときには本格フレンチ。楽しんでいただきたいです。

過去ブログ:
http://diary.salon-de-tresmignon.com

お料理教室 クリスマス料理にもおせち料理の口直しにも

2019.12.26 Thursday

12月のお料理教室。フォトは私のお料理です。

テーブルコーディネートに合わせて、お料理の盛り付けのアドバイスもしました。

フランス産の栗と、和栗との違いをご説明しました。フランスの栗の味は、独特で、風味があり、このお料理をきたててくれます。

ポルチーニ(セップ茸)をソテー。その他、たっぷりのキノコも。

レシピは前回と変えました。

素材がとてもよく、お料理教室では、その時々によってライブでレシピを変えます。手順も。

どうして?の疑問にはしっかりと解説します。そこがお勉強だから。長く学んでいただければいただくほどに「知恵」がつく。そういうお料理教室でありたいです。

お料理とお菓子では、頭の使い方も、体の使い方も、感性の持ちどころも、美意識も、五感の使い方が違います。

TBS日曜劇場『グランメゾン・東京』で、最高の「フレンチのコース料理の精神性」について語られていたシーンがありました。12月22日放送の最終回前です。あれが忘れられない。

テレビ朝日の『ドクターX 外科医 大門未知子』の、師匠から受け継ぐ外科医としての心(魂みたいなものかも)を語るシーンが今シーズンの最終回にも出てきました。前シーズンで最後のオペになるかもしれないという病におかされた重病の身で手術しながら、まるで遺言のように語っていた師匠の言葉。

一流の方々からもっと学びたいです。ドラマでもいいから。その根底に流れる生き様のようなもの、掴みたいです。

フランス料理は面白いです。学べば学ぶほどに見えてくるものがあります。家庭料理への応用も聞きますし、和食を作るときにも、中華を作るときにも、ヒントになってくれることがあります。不思議。

過去ブログ:
http://diary.salon-de-tresmignon.com