東京・田園調布 お菓子教室・フランス料理教室・テーブルコーディネート教室 村松操 主宰/サロン・ド・トレミニョン テクニック・マナー・インテリジェンス

menu

もっと見る

memento「命」と「心」が大事

2020.03.29 Sunday

今日は雪でしたし、物事を根本から考えてみるいい機会に恵まれました。

お菓子教室・お料理教室はもちろんですが、テーブルコーディネート教室においてさえ大切にしてきたのは、命、そして、心だったんだな・・ということに気がつきました。

命は私たちのことでもあり、私たちの大切な方々のことでもあり、もっと広く、世界中の方々であり、種を超えた生命のあるすべての存在のことまで含めてのことで、命、生きている、生きていられる、ということへの自覚が芽生えたと言ったらいいのかもしれません。

お料理教室では特にそれを意識してきました。命をいただいて生き延びているのが人間ですから。

けれど、今日気がついたのは、そういうことではなく、生きている今・この時の貴重さだったり、命の尊さだったり、命を守ることだったり、そういう当たり前のことですが、認識の程度がヴァージョンアップした感じです。

心。それは、自分の指針のようなもの。これだけは譲れないという、人それぞれの根幹?、根源的なようなもので、それがブレてはいけないと気がついたことです。

そして、十人十色ですから、様々な心があって、それぞれの心を想像できる限り思いをかけて尊重するとともに、自身の根源的なところは守るという感じです。

まだまとまっておりません・・・。けれど、今日、これが大切だ!、と思ったことなのでここに綴ります。きっとそのうちにもっとクリアになってくると思うので。

ヨーロッパへの招待のページで、シェイクスピアの『マクベス』のことを書きましたが、あの答え、私なりに腑に落ちるところまで到り着きました。正解はないのだと思うのですが、書いてみるものですね。書いてみて、また考えて、そのままにしておいたり、考えたりを繰り返していたら、ひょんな事から私らしい答えを見つけました。

それはあえて記さないでおこうと思っています。

皆さんに考えていただきたいからです。一緒に。問題提起を投げかけて、SNS機能はありませんが、考えてみていただけたということが、私にとっての喜びだからです。「人間は考える葦である」。昔の人はいいことを言いますね。

明日も、一日、充実した時間をつくりだしたいなと思います。

author:村松 操

テレビ東京「男子ごはん」俺たちの作り置き第一弾 見ました

2020.03.29 Sunday

栗原心平さんと国分太一さんのほのぼのトークが休日感満載で楽しかったです。初めて見ました。お母様が栗原はるみさんですから興味津々でした。

美味しい「つまみ」はご飯もすすむ。だったと記憶してますが、そうなんだ〜〜と思いました。

アルコールがほどんどダメな私は、ビールや日本酒に合わせるおつまみが下手くそなのではないか・・・と心配してきました。美味しいと言われても腑に落ちない。なんか後ろめたいところがあったのです。

ご飯がすすんでいれば美味しいつまみ。そう判断していけばいいのですね。すっと気持ちが軽くなり嬉しくなりました。

ナスの揚げ浸しの作り方も、「男子ごはん」らしくラフな感じでポイントが伝えられていて楽しかったです。がっちり料理番組は仕事柄、本気モードに入ってしまいそうで、ゆったりしたいときは見るのをためらってしまいます。

来週は「卵料理」。お料理の基本がわかるとのこと。また見られるといいな。

author:村松 操

晴耕雨読 お天気に合わせて気持ちよく過ごしています

2020.03.21 Saturday



その他:

今日も良いお天気です。

お彼岸の一週間。連休ということもあるのか、街はとても静かです。

シルクフラワーのお手入れをしました。自由が丘のお菓子教室・お料理教室から田園調布に移転した時に、新しいお教室の象徴にとフラワーデザイナーさんと打ち合わせを重ねながら製作していただいた盛り花です。

時々、生け直しては、眺めて・・・。気持ちを新しくします。

4月からレッスンが無事にできることを願っています。新型コロナウィルスの対策は、厚生労働省の方針に従って、行います。またご連絡いたします。

よい週末をお過ごしください。

author:村松 操