東京・田園調布 お菓子教室・フランス料理教室・テーブルコーディネート教室 村松操 主宰/サロン・ド・トレミニョン テクニック・マナー・インテリジェンス

menu

もっと見る

12月のお菓子教室 伝統のシャルロットケーキでクリスマス

2019.12.30 Monday

来年には、お菓子のグランディプロムを取得される生徒さん。美しいケーキが出来上がりました。

キュイエール生地の味見をさせていただきましたが、ふんわりしていて、それでいてしっかりとした強さもあり、美味しかったです。

このケーキの形は「シャルロット」と言います。

リボンはお洒落のためではなく、歴史的な意味があり、このお菓子が生まれ、時代を越えて愛されながら今の形になるまでの簡単なご説明をいたしました。

デコレーションなんだと思っていた方々には、「へ~~~」という感じで新しい発見だったご様子。

お菓子教室はグループレッスンではありますが、お一人、お一人、個別に、役割分担なく、すべてのプロセスをご自身で体験できる「オール実習スタイル」です。

お菓子作りをもっとランクアップしたものを経験したい、そんな願いを叶えられるお菓子教室でありたいなと思っています。

ガレット・デ・ロワの麦模様 大使館パーティーにて

2019.12.30 Monday

伝統菓子に込められた祈り
時代が変わっても私たちの願いは一緒

2017年のフランス大使館パーティーで撮らせていただいたものです。今年はわけあって出席できず、友人からの気遣いで頂戴したフォトを眺めて、いいな・・・・と思っておりました。

豊かな実りを願う伝統的な麦模様。

単純そうな『麦の模様のガレット・デ・ロワ』も、素敵なデザインなんですよ。さすがだな~と、うっとり。

2018年の日本は、大雪、不作、食材の高騰、流通の麻痺、という、私たちの生活の根底を揺るがす自然界の波に晒されています。持病をお持ちの方や、お歳をめされた方々、妊婦さん、子供達など、この寒さがこたえるのではないかと案じてしまいます。

今日も雪がどんどん積もっています。太陽が恋しいです。庭の土は凍りつき、鉢植えのパンジーは、必死に耐えているようです。

チューリップやパンジー、ビオラは、こうした厳しい冬を越したものが、春に美しい花を咲かせるとうかがったことがあります。場所によっては、お花自体が氷ってしまったようにも見えて心配。復活するのでしょうか。

お野菜も果物も、天然のお魚たちも、この気候のために入手が困難になってきています。輸入物の果物も影響を受けているそうです。漁師さんたちは海がしければ漁に出られません。農家さんも苦労して収穫しても流通がストップすれば、その実りは・・。

願いを込めて、麦のガレット・デ・ロワ、アップします。

豊作を願い、一年の実りを願っていた古の人たちの思いが、今、伝わってくるようです。みんなが願って、日本本来の緩やかな季節の移り変わり(四季)が取り戻せるのなら、そうありたいと思うばかりです。

明日は節分です。どうか、明日を節目に、優しい日差しが戻り、みんなに安心をお授けくださいますように。

過去ブログより:
2018年2月2日記

お料理教室 お料理上達まっしぐらのお二人

2019.12.27 Friday

美味しくできました。そして、美しく可愛らしい盛り付けです。

お若いお嬢さんたちのお作りになるお料理は、愛らしいものがあって、こうしてフォトで眺めていると微笑みが生まれてきます。

最近のお料理教室では、盛り付けのイメージトレーニングをするお時間を設けています。

私からのオーダー(課題)を出します。

お料理のコンセプトを生かして欲しいからです。そうすると自然と見栄えもします。もちろんインスタ映えも。

お教室の生徒さんの傾向として、インスタ映えに夢中になる方は少なく、どちらかというと今の自分の出来栄えを記録して、あとからお家で復習するときのために、という感じて記念撮影されています。

私は、元美術史講師の腕を発揮(?)して、見栄えのするいい角度をお伝えはします。

盛り付けも一緒です。

構図法とか、その他「美」を生じさせる伝統の手法のようなものがあって、それを「基本の型」として毎回毎回ご自身の「知恵」にしていただきたいと思っています。

週末料理、休日を過ごすちょっと贅沢なお料理時間として。ご家庭で、ときには本格フレンチ。楽しんでいただきたいです。

過去ブログ:
http://diary.salon-de-tresmignon.com