東京・田園調布 お菓子教室・フランス料理教室・テーブルコーディネート教室 村松操 主宰/サロン・ド・トレミニョン テクニック・マナー・インテリジェンス

menu

もっと見る

新型コロナウィルス感染防止 受講生の皆様へのご協力のお願い

2020.09.11 Friday

新型コロナウィルス感染防止のため「サロン・ド・トレミニョン」では、「感染防止徹底宣言」の他、独自の取り組みをしております。こちらのページに記載がございます。状況に合わせて内容を更新することもあると思います。時折、チェックしていただけますお願い申し上げます。新しく加えたルールには(New)と記しておきます。

感染防止の取り組みには生徒さんのご協力なくして成立するものではありません。ご不便をお掛け致しますが、皆様により安全・より快適にご参加いただくため、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

*遅刻のないようにお願いします。レッスン室への出入りのルールを徹底させましたので、お出迎えに時間がかかり、お外でお待たせしてしまうと思います。

*マスクの着用を義務付けさせていただきます。未使用のもの。レッスン用のものをご用意ください。手指消毒の後、ご入室前に身につけて下さい。

*フェイスシールドも当面の間はご着用いただきます。安全性をさらに高めるためです。ご自身のもの、もしくは、お教室にもご用意がございます。

*昔なつかしい「三角巾」で髪の毛を覆いましょう。万が一のためです。髪の毛に付着したものからの感染を予防します。

*エプロン、お手ふきタオル「2枚」は、お洗濯後未着用のものでお願いします。

*お出かけになる前に検温して下さい。「37.5度以上」の場合はご受講をいただくことができません。その他、強いだるさ、息苦しさ、軽い風邪の症状が続いているなど、新型コロナウィルス感染の初期症状とされている体調不良がある場合も、無理をなさらずにご受講をお控え頂きますようお願い申し上げます。

*私自身も検温いたします。体調不良などが見られる場合は、当日であっても休講のご連絡をします。タイムラグが発生しないように「お電話」でお伝えさせていただきます。

*海外旅行からお帰りになられた2週間以内のご受講はお控えください。

*レッスン室に持ち込めるものを限定します。身につけるもの、筆記用具1本、スマートフォン、貴重品類のみです。レッスン室袋のようなものをご用意いただき、その中に入れてご入室ください。

*スマートフォンは以前より衛生面の理由からレッスン中のご使用をお断りしておりますが、さらに徹底します。着信音はONにし、目に見える場所に全員分を同一の場所に置き、無意識に触ってしまう危険性を排除します。

*玄関スペースで手指消毒をしっかりお願いします。それから、レッスン室用のマスクを装着し、レッスン室用袋を持ってご入室ください。いつもの荷物置き場に置いたら、手洗いを「2回」します。その後に、エプロンなどを身につけていただく、という流れで今後はお願いいたします。

*実習場所はバラバラの配置になります。ソーシャルディスタンスが保たれた各々の場所でお座りになり、レッスン開始までお待ち下さい。テーブルコーディネート教室でも同様に、バラバラの場所でのご受講となります。

*お化粧室を使用される場合は、手洗いをしてからエプロンを外し、マスク・フェイスシールドは身につけたままご使用ください。共用タオルは外してあります。使い捨てものもをご用意しています。

*換気は、レッスン中、常に4箇所(換気扇と扇風機)で行います。途中、換気タイムをさらに設け空気の入れ替えを全面的にします。レッスン室の窓は、基本的に常に2箇所開けておきます。これから寒くなると思いますので、寒さ対策はご自身で工夫されていただきたいと思います。

*髪の毛は短く束ねるなどして、実習中に手に触れないようにお願いします。

*長爪はご遠慮ください。ネイルアートはデコラディブな仕様(凹凸のあるもの・ネイルストーンなど)はレッスンの後にお楽しみいただけたらと思います。

*お菓子教室・お料理教室で使用するお道具類は、お一人ずつ個別にご用意します。以前よりそのようにはなっておりましたが、今後は「個別制」をより徹底し、ご自身のものはご自身で管理。安心感が生まれると思います。

*アルコール消毒液をレッスン室にもご用意しますが、水で洗い流すこまめな手洗いが効果的です。今までもそのようにご指導して参りましたが、今後もよろしくお願いいたします。

長々とお願い事を並べましたが、皆様が熱望してくださっているお教室での対面レッスンを実現化させるための第一歩が踏み出せたと思っています。人と人が同じ空間で、お互いに大好きな趣味の時間を過ごせることの幸せ。「失ってみて初めてわかる幸せな時を過ごしていた」と、多くの生徒さんから励ましのメールをいただいております。お教室で皆様とお目にかかれる日を心待ちにしております。また、それまでのつなぎとして、オンラインレッスンをご活用いただき、少しでも皆様のお役に立てられればと思っております。

author:村松操